静岡本山抹茶研究会

徳川家康が飲んでいた抹茶をもう一度。

本山抹茶研究会では、「駿府城で徳川家康が飲んでいた抹茶をもう一度」、生粋の本山抹茶を復活させようと昭和61年から勉強を致しました。
最初は京都へ行き教えをいただき、試行錯誤で取り組んでいきました。今では生産も増え味・香りとも自信をもって皆様方にお勧めできる、おいしい本山抹茶が誕生いたしました。
日本一の生産地と伝統の技術で新しいやぶきた品種で製造致しております。
愛飲家の方の評価も好評でご注文も増えておりますが、まだまだ茶園面積も狭く碾茶生産量も少ないので、特定の茶専門店のみの販売になっております。

本山抹茶研究会について詳しく

  • 抹 茶

    碾茶を石うすで挽いて微粉末にしたもの。抹茶にはカテキン、カフェイン、ミネラルなどの様々な成分が豊富に含まれています。

  • 煎 茶

    日本で生産される代表的なお茶。摘みたての茶葉を短時間蒸すことで、さわやかな香りと甘味の中にほろりとした渋味があります。

  • 焙じ茶

    茶葉や茎を焙煎し、こうばしい香りとさっぱりとした味が特徴です。カフェインが少なく、渋み・苦みが抑えられ、就寝前や子供も飲みやすくなっています。

  • 玄米茶

    長年の経験と技術で仕上げた焙玄米に煎茶をミックス。こうばしい香りと爽やかな風味が楽しめます。

  • 玉 露

    一番茶の育成期に約20日、直射日光を遮ることで、うま味成分が増え、とろりとした飲み口と甘みが特徴です。

  • 深蒸し茶

    煎茶より葉を長く蒸したものです。茶葉の中まで蒸気熱が伝わり、粉のような形状になります。苦渋味が少なく、味が濃厚で、濃緑の水色が特徴です。

  • 粉 茶

    細かく砕けた部分を集めたお茶。味の成分が溶け出しやすく、茶葉そのものを味わうことができます。

  • 棒 茶

    茎の部分のみを集めたお茶。甘み・旨み・香り成分は豊富。味があっさりしているので、苦みが少なく飲みやすいです。

  • 粉末茶

    煎茶をまるごと粉末にしています。お茶の栄養分を無駄なくいただけます。

  • 抹茶入り玄米茶

    煎茶と焙玄米に本山抹茶をブレンド。抹茶の雅、煎茶の香味、玄米の風味を一緒にお楽しみいただけ、ソフトで爽やかな飲み心地です。

取り扱い商品のご案内はこちら

静岡本山抹茶 『駿河の昔』 「第11回国際名茶品評会」金賞受賞いたしました!

世界緑茶協会が主催する、国際的な茶のコンクール「国際名茶品評会」
第11回目を数える今回は、日本から27点が出品され、中国・杭州市にて審査会が行われました。
この品評会におきまして、静岡抹茶研究会からの出品の『駿河の昔』が"金賞"の栄誉を賜りました。
今後も品質の向上と共に、日本国内外に目を向けた日本茶の普及に励んでいく所存です。

国際緑茶協会様HP
http://www.o-cha.net/


BS JAPAN 「にっぽん真発見」で本山抹茶が紹介されます。

6月5日(日)
夜9時〜10時放送
BS JAPAN 「にっぽん真発見」で本山抹茶が紹介されます。
http://www.bs-j.co.jp/newdiscovery/
駿河の昔 【20g 1500円(税別)】 送料:500円(税別)/1万円以上無料 ご注文お問い合わせ Tel:054-296-0040 Mail:info@honyama.jp


ホームページをリニューアルしました。

2016年4月25日、静岡本山抹茶研究会のWebサイトをリニューアルしました。
わたしたちの掲げるコンセプトや事業内容を今まで以上にわかりやすくご案内いたします。
本山抹茶研究会では、「駿府城で徳川家康が飲んでいた抹茶をもう一度」、生粋の本山抹茶を復活させようと昭和61年から勉強を致しました。
発足以来400年の静岡の抹茶の伝統を 復活させるため頑張っております。


お知らせ一覧へ